日本人宿のメリット、デメリット

日本人宿のメリット

日本人宿とは以前記述したとおり、海外で日本人が経営するバックパッカー用の宿のことです。

日本人宿のメリットはもちろん日本語を使うことができるという点。
宿によってはツアーやアクティビティの紹介や代理販売をしているので現地の言葉を全く話せなくてもその国を存分に楽しむことができる。
また日本語で支払いの話ができることによってぼったくりの防止や明朗会計に繋がり、金銭面に対する不安を軽減させることもできる。

そもそも海外にいると無意識、無自覚でストレスを感じているのである。
日本ではない国の文化・習慣に対しての警戒からの緊張、いつもと違う言葉を話すことに対する不安、バックパックを背負って移動することによる肉体疲労。これらによってストレスが引き起こされるのです。
そんなときに日本という国を感じることができる日本人宿は海外に身を置いているという意識を薄れさせ、ストレスの軽減に繋がるという旅を長く続けるには欠かせないメリットが隠れているのである。

日本人宿のデメリット

こんなにも日本人宿のメリットを並べていると、日本人宿が天国のように見えてしまうのではないでしょうか。
それでは誤解のなきよう、日本人宿のデメリットも紹介しておきましょう。

まずこの記事を読んでいる人には想像に難くないでしょうが、海外にいるのに日本人に囲まれてしまうという点です。
せっかく異文化を体験しに日本を飛び出したのに行く先々で日本人の厄介になってしまっては海外感が薄まってしまう。
確かに日本人宿ではない多国籍のバックパッカー宿に滞在すればいろいろな国の人とも出会え、滞在している国についてだけでなくその人たちの国についても知ることができる。
ならばどちらを選ぶべきなのだろう。

結論から言うと、日本人宿か多国籍な宿のどちらを選択するかはあなたの言語力、旅の慣れ度次第である。

海外にいることに対するストレスを感じないほど、言語に精通している、または旅慣れしていて初心者にとっての苦を苦と思わない人は多国籍の宿での滞在でも問題は無いだろう。
逆に旅慣れしていない、言葉が通じない人は旅行先の国を十分楽しむために日本人宿をチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>